ルイボスティー 成分

ルイボスティーの成分

ルイボスティは体に優しく美に効果があるお茶として親しまれています。また、南アフリカのお茶ですが、近年ヨーロッパでもハーブティーとして愛飲されており日本人でも定番のお茶となっています。
真っ赤な色が特徴的なお茶ですが、その中にある成分は多くまた様々な効用があります。

 

ルイボスティーの茶葉が育つ南アフリカの土壌がミネラル豊富なことより、茶葉にたっぷりのミネラルが含まれているのです。

 

また、フラボノイドや活性酸素分解酵素と言われるSOD、ケルセチン、赤ワインやチョコレートなどにも含まれる健康に良いとされるポリフェノールなども多く含まれています。
カフェインが含まれていないこともあり、健康維持したい方や妊娠中の方にもお勧めのお茶です。

 

SODが含まれているお茶は特に稀少であり、特に病気や老化などを防ぐ為に活性酸素を分解する作用というのは人間の体を健康に保つ為に大切な作用です。
活性酸素が働くことにより、私達の体内には有害物質が多く発生し健康バランスを不安定にしてしまいます。
SODは私達の体内でも生産する働きがあるのですが、年齢と共にその働きは弱まるのです。
老齢になると病気になりやすくなるのもそのためです。

 

高血圧やがん、また老齢に伴う虚弱体質や生活習慣病など、ルイボスティーを飲むことにより防ぐことが出来るのです。

 

健康美は体内から改善することで作られます。外側だけつくろってもそれは一時しのぎでしかありません。
アンチエイジングにもルイボスティの飲用が効果的とされているのも頷けます。
ベルタルイボスティー

 

 

ルイボスティーの飲み方の秘訣