ルイボスティー妊娠中

ルイボスティーは妊娠中でも飲めるの?

 

ホルモンを安定させると言われるルイボスティーですが、妊娠中に飲んでも大丈夫なのでしょうか。
ルイボスティーは、ノンカフェインですし、体にいいとされる理由も、薬として作用するものではありません。

 

高い抗酸化作用を持っているので、活性酸素の増え過ぎによって起こる、体の不調を改善してくれるということですから、妊娠中でも安心して飲むことができます。

 

ルイボスティーを飲むこととのメリットとしては、体の不調の原因になる抗酸化作用が高く、病気や老化を防ぐ作用があることです。

 

詳細はこちら
ベルタ ルイボスティー

 

さらに、ビタミン・ミネラルを豊富に含んでいます。
アンチエイジング効果が期待できて、美容や健康に気を使う人たちに愛用されています。
そんなルイボスティーは、妊娠中の体調管理にも役立ってくれるお茶です。

 

ホルモンのバランスが急激に変化しますから、精神的に不安定になったり、胃腸のリズムが狂って便秘になったりすることが、妊娠中にはよくある悩みです。

 

薬の服用は避けたいですから、お茶で改善するならありがたいですよね。
まず、高い抗酸化作用と精神の興奮を静める作用が良質の休息とホルモンの安定に役立ちます。

 

また、市販の便秘薬には、下剤が含まれていて子宮の収縮を促さないか心配ですが、ルイボスティーならそれも安心です。
妊婦さんにとっては、本当にいいことばかりなのです。

 

栄養補助としての効果も期待できます。
ビタミン、ミネラル、鉄分を豊富に含んでいます。
高い抗酸化作用があるので、免疫力アップにも役立ちますから、風邪や感染症のリスクも減ります。

 

実は、妊娠中に飲むお茶としておすすめしたくなるくらい、妊婦さんにおすすめのお茶なんです。
薬いらずのメリットをたくさん持っている魔法のお茶、そんな感じがしますね。

 

ただ、お茶の煮出し方やメーカーによって少し成分の濃度が変わってきます。
飲んでみたけれど効果が薄い場合、煮出し方が少ないかもしれません。
10分ほど煮出してしっかり成分を抽出するとよいでしょう。

 

 

詳細はこちら
ベルタ ルイボスティー

 

 

ルイボスティーの飲み方の秘訣