ルイボスティー好転反応

ルイボスティー好転反応で頭痛がするの?

ルイボスティーには、様々な健康効果があります。

脂肪燃焼や、精神安定、便秘改善に排泄物のニオイが弱くなるなど、体にいいお茶として利用されていますね。

 

ただ、中には好転反応を軽々する方もいるようです。

ルイボスティーの好転反応とは、体質が変化していくときに一時的に頭痛がしたり、体調が悪くなったりすることです。

ファスティングなど、断食の際にも、体が浄化されていくプロセスで、一時的に体調不良を起こすことがあります。

 

これは、体が酸性からアルカリ性に移行するときに見られるそうですから、多少の頭痛や、だるさ、眠気、下痢、吹き出物などの調子の悪さは、好転反応として受け止めて大丈夫のようです。
詳細はこちら
ベルタルイボスティー

 

 

ある解説文によれば、毒素が出れば出るだけ好転反応もでるし、一時的なものだから治った時には、以前よりも体の毒素は排出されているのだというのです。

 

また、ルイボスティーはミネラルも豊富ですから、飲み続けることで消化不良を改善し、胃腸の調子も整えてくれます。
温かいお茶を飲むこと自体が、胃腸に良さそうですから、ぜひ取り入れたいですね。

 

便秘が改善したという人も多く、便秘薬のようなお腹の痛みが出ることなく、自然にお通じが改善されたという人も多いようです。
ある大学の女子寮で事件したところ、60%が2,3日で便秘の改善を感じたそうです。

 

しかも、ノンカフェインですから赤ちゃんや妊婦さんも飲むことができます。
安心な健康茶だと感じますね。

 

なかなか健康効果の高いルイボスティーですが、ぐっすり眠れる効果もあるといいます。
これは、温かい飲み物で体が暖まって眠れるというだけではなく、成分の「モノアミンオキシターゼ」が精神の安定に効果があるということなのです。

 

神経の興奮状態を穏やかに鎮めてくれるので、習慣的にルイボスティーを飲んでいると、ぐっすり眠れるようになるといいます。

 

体の冷えに効くと言われていますから、冷え性で夜寝つきが悪いといった方は特におすすめですね。
ルイボスティーをお試しあれ!

 

詳細はこちら
ベルタルイボスティー

 

 

 

ルイボスティーで冷え対策