ルイボスティー 副作用

ルイボスティーの副作用は?

ルイボスティはノンカフェインである為、健康に気を使う方や妊娠中の方、また美容に気遣う方に愛飲されているお茶として有名です。
不老長寿のお茶として知られるルイボスティも副作用があることもあります。
妊娠中に飲めるだけではなく、また不妊治療にも推進されており体にも赤ちゃんにも優しいお茶です。
冷え性や便秘解消などにも効くとされるこのお茶にどのような副作用があるのでしょうか。

 

健康に良いとされているお茶なので、中には過剰摂取してしまう人もいます。
そうした場合にはお腹がゆるくなり下痢症状を起こす恐れがあります。

 

また、アトピー体質を持つ人にとっても、低タンニンを含むお茶であることからアレルギー炎症を起こす誘発作用があります。
アトピーは水分摂取が過剰になると悪化するとされており、ルイボスティ以外のお茶でも飲みすぎは控えた方がよいのですが、それに加えて低タンニンを含むルイボスティは体質に合わないこともあるので気をつけた方が良いでしょう。

 

体質によってはプラスになる作用もマイナスになることがあります。
便秘の人にはプラスになることでも胃腸が弱く下痢気味の人にとってはその作用がマイナスになるのは仕方がないことです。

 

自分自身の体質をきちんと見極めたうえで、適量を飲用するようにしましょう。

 

お通じが良くなることにより、胃腸はすっきりいつでも綺麗な状態を保ちます。
またデトックス効果により体内に蓄積されている有害物質は定期的に外に排出され、吹き出物などの発生を防ぎ美肌効果を得る事が出来ます。

 

一度に大量に摂取するのでは無く、長い目で飲み続けながら健康維持をはかるのが得策です。

 

ベルタルイボスティー

 

 

 

ルイボスティーの成分とは?