ルイボスティーの効果妊娠

ルイボスティーの妊娠効果

 

ルイボスティーは、体が温まるとか気持ちが落ち着くとか言われています。

温かい飲み物を飲むことでの効果なら、ほかの飲み物でも良いのでは?と思ってしまいますよね。

 

精神的に安心する成分「モノアミンオキシターゼ」を含み、脂肪燃焼に役立つカテキン、サポニンが豊富ですから、体が温まる、気持ちの安定といった効果は、ルイボスティーならではの効果なのです。
妊娠とルイボスティー、結びつきそうですか?
まず妊娠しやすい環境とはどんな状態でしょうか。

 

@冷えの改善。体を温かく保つこと。
A運動不足を解消する。
Bストレスを貯めない。

 

ルイボスティーは驚きの効果を持ったお茶なんです。

 

ベルタルイボスティー
この状態を実現するために、ルイボスティーは力を発揮します。
活性酸素はストレスで増えるとされていますが、この活性酸素は排卵に栄養を及ぼします。
受精しなかった場合、次の排卵に向けて黄体を退縮させるために活性酸素は役にたっているのですが、このバランスが崩れていると、着床がうまくいかずになかなか妊娠できません。

 

ルイボスティーには、優れた抗酸化作用があります。
ストレスで増えすぎた活性酸素の働きを封じてくれるので、ホルモンバランスが整ってくるのです。

 

目安としては毎日1リットル以上飲むと良いようです。

 

続けることで、抗酸化作用と、体を温める働きと精神的に安定するといったルイボスティーの持つ効果が黄体ホルモンの働きを安定させ、妊娠しやすい環境を整えてくれます。

 

黄体ホルモンが安定して周期正しく働くようにすると、卵母細胞死滅を防ぎ妊娠の可能性が高まります。
亜鉛などのミネラルもここに有効に働いています。

 

生殖機能を安定させるためには、亜鉛やセレンが重要なミネラル成分としてあげられます。
これらのミネラルが、ルイボスティーには豊富に含まれていますから、さらに妊娠を後押ししてくれます。

 

ルイボスティーは不妊に悩む方の黄体ホルモンのリズムを整えてくれる効果があるお茶と言えます。
ですから、30歳以上の“妊活中”の方にオススメなお茶と言えるでしょう。

 

詳細はこちら
ベルタルイボスティー

 

ルイボスティーの成分とは?